サービスメニュー

オフィスの悩み

こんなお困りごとはありませんか?

オフィス編

地震対策、実は何もできていない。

地震の恐怖や事前対策の重要性は十分認識していても、どこから手を付けたらよいのかわからなくて、ついそのまま…。「地震に強いオフィス」を構築するにはどうすればよい?

地震に強いオフィスづくり

大地震が起こった時、オフィスは社員を守り、事業再開をするための重要な「基地」となります。事前の対策が出来ているかどうかが【社員の命を守れるかどうか】【事業が早期復旧できるか】の分かれ目になってくると考えられます。

あなたのオフィスのこと、もう一度改めて考えてみませんか?

【事前対策1】オフィスレイアウトの見直し

レイアウトのポイント   家具の配置を変えるだけで、安全度はかなり高まります

コクヨ東北販売では、お客様のオフィスのレイアウトチェック&アドバイスを実施しております。
お気軽にご相談ください。

【事前対策2】家具の転倒落下防止対策

オフィスにはさまざまな什器・備品があります。どこから手を付け、どこまでの強度に対応するか難しい問題ですが、まずは人命にかかわる部分から対応するようにしましょう。

コクヨでは、オフィス家具・什器からOA機器までさまざまなタイプに対応した固定金具や用品を用意しております。

壁面収納家具の場合 保管庫を設置する際にはしっかりとした壁、床、天井などに固定しましょう。レイアウトの工夫でより強度を増すこともできます。

転倒防止対策の詳細につきましては、より詳しい資料を用意しております。
お気軽にお問い合わせください。

【事前対策3】防災用品の適正な配置

防災用品は近くに置くべきものと、そうではないものがあります。せっかく用意したものが有事の際に使えないことがないように、バランスの良い配置を考えましょう。

防災用品の適正な配置

商品の詳細につきましては、防災用品カタログ「SONAeLにてご紹介しております。

「オフィス防災」はこのような事前対策を複合的に取ることが重要なポイントです。

コクヨ東北販売では、コクヨグループのオフィス構築で培ったノウハウを活かし、レイアウトのアドバイスや転倒防止対策、各企業様のポリシーに沿った防災用品のリストアップなど、「オフィス防災対策」をワンストップサービスで対応いたします。

東北地区のオフィス防災対策は、コクヨ東北販売にお任せください。