新着情報

教育施設用家具 「 タブレット・ PC 充電保管庫 」を新発売

発表日:2020/06/17

教育施設用家具 「 タブレット・ PC 充電保管庫 」を新発売

「GIGA(キガ)スクール構想」対応製品


 コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田英邦)は、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に対応した教育施設用家具「タブレット・PC充電保管庫」を、2020年9月上旬から発売します。

 「GIGA スクール構想」は、 2019年12月より文部科学省が推進する施策で、義務教育を受ける全国の児童生徒のための1人1台の学習用PC(パソコン)端末や高速ネットワーク環境等の整備計画です 。現在、全国の小中学校及び特別支援学校では、児童生徒用のPCや校内LANの導入等、ICT環境の整備が進んでいます。

 今回発売する「タブレット・PC 充電保管庫」は、このような新しい学習環境に対応するために、必要数のPCやタブレットの端末を専用の仕切り板で区切られた保管スペースに収納し、保管中に各端末を充電できます。さらに教室等の学習空間に設置しやすいコンパクト設計で、保管庫の移動がしやすいように、キャスタータイプには天板部に取っ手を設けています。バリエーションは、ベースタイプとキャスター付きタイプに、それぞれ収納量を3タイプ(22台/32台/44台)用意しました。

44台キャスタータイプA_1st.jpg
写真:44台収納・キャスター付きタイプ

○発売予定:2020年 9月上旬
○メーカー希望小売価格(本体税抜価格):22台収納・ベースタイプ/171,000円、他

教育施設用家具「タブレット・ PC充電保管庫」の特長

1. 豊富なバリエーション

端末の収納台数は22台、32台、44台の3タイプ用意しました。これにより、1クラスの生徒数や学校ごとの設置条件に合わせて最適な収納量の保管庫を選ぶことができます。

22台キャスタータイプA _2nd.jpg 32台ベースタイプA_2nd.jpg 44台キャスタータイプA_1st.jpg
写真:(左から)22台収納・キャスター付きタイプ、 32台収納・ベースタイプ、 44台収納・キャスター付きタイプ

2. コンパクトで使いやすい設計

保管庫内の端末の収納効率を高めることで本体をコンパクトに、省スペースを実現するとともに、アダプタの設置や配線なども収納庫前側から行いやすい設計です。さらに、扉は「270度開閉回転扉」なので、複数の生徒が一斉に端末を出し入れする際に扉が邪魔になりません。

giga01.png
写真:270度開閉回転扉

3. 電源容量に配慮

端末充電時の消費電力の合計が設置場所の供給電源容量を超えないよう 、順番に充電する簡易輪番充電機能付きです。輪番タイマー機能は市販デジタルタイマーを採用することで、将来的な故障や運用変更などにも低コストで柔軟な対応が可能です。電気安全法に準拠し、PSEマークを取得しています。

商品紹介サイト

※本記載の商品外観や仕様等は、予告なく変更する可能性がございます。あらかじめご了承ください。